通貨が商品であるということ

FXに限らず、投資で儲けるためには、そのための勉強をする必要があります。知識や経験が積み重なることで、利益を得るチャンスも増えていくのです。

FXは通貨の取引をする投資です。そして通貨の価値は、世界情勢や経済の状態で変化します。つまりこれらの知識を得ることは、バイナリーの出金にも強い24オプションやFXトレードで利益をあげる役に立ちます。しかしこれを知らないからといって、必ず儲けることができないわけではありません。

iourew為替相場が動くきっかけが経済状態を表す経済指標の発表だったり世界情勢ですが、それを受けた為替レートの動きは、ある程度パターン化されています。つまりそれらの環境と為替の動きのパターンを知っていれば良いとも言えます。

実際に経済指標のチェックとテクニカルチャートの分析だけで利益をあげている人もたくさんいます。経済全体や世界情勢に詳しくなるに越したことはありませんが、必ずしもそこまでの必要はないのです。

そして特に初心者が始めに、意識しておきたいのが、通貨は商品であるという考え方です。一般社会では、通貨は通貨ですが、投資、特にFXの世界では、お金で通貨という商品を買ったり売ったりしているのです。

通貨が商品であるということは、つまりその値段の動き方も、商品と同じであるということです。商品を言い換えるのなら、金や原油と同じとも言えます。つまり需要が供給を上回れば価格は上昇し、需要が供給を下回れば価格は下落するのです。もう少し簡単に言えば、その商品に人気があればみんなが欲しがるので価格が上がり、人気がなければその逆です。

そしてそれぞれの国の経済状態や政治状況が複雑に絡み合って評価されることで、通貨の人気や不人気は決まっていきます。

また米ドルと円などの為替相場は、資本投資と貿易決済などの通貨の実需に大きく関係しています。例えば日本の景気が良くなってくると、海外からの株式や不動産への投資が増えます。このときに流れ込んでくるお金(資本)のことを資本投資と言います。

海外の人は日本で投資をするためには日本円が必要になりますので、米ドルを売って日本円を買います。つまり日本円の人気が高くなるので円高になります。その結果資本が流入した国の(この場合は日本)通貨の価値は高くなり、流出した国の通貨の価値は低くなります。この状況を表しているのがGDPや景況指数なのです。

貿易決済も、基本的な考えは同じです。輸出をすると、輸出先の国の通貨でお金を受取り、それを自国の通貨に両替をします。つまり輸出量が増えるとその国の通貨の価値が上がることになり、輸入量が増えるとその国の通貨の価値は下がることとなります。この状況は貿易収支で分かります。


 

外国為替証拠金取引、所謂FX取引は近年規制緩和の一貫で個人に解放された金融商品であるためまだ歴史が浅いものです。

しかし、日本において人気のある金融取引の一つに数えられる存在です。ある程度の規模の書店に行けば、FX関連の書籍が一つのコーナーを作るくらい並んでいます。

しかし、FX取引は少ない手元資金でレバレッジをかけ、自己資金以上のお金で取引をするため自分で資金管理を十分注意して行なわないと、痛い目にあってしまうかもしれません。